自分の芝も、青いかもよ。

先日のこと。

意外すぎることに驚いて、心の目玉が飛び出た。
「おかっぱちゃんが羨ましいよ」って言われたから。

これまでの私の人生は、東海テレビの昼ドラ制作部が引くくらいドロッドロよ。
なかなか体験できないヤバいこと、沢山経験させてもらえたし(皮肉)。
絶対「おかわり」したくない!(つまり今が一番幸せ)

いや、言いたいことはそんなことじゃなくて。

今回は、この「羨ましい」という感情について書いていきたいと思う。

子供を抱っこしているおかっぱミユキの写真。 ピンク色のお洋服を着た子供が、抱っこされている。 母親は幸せそうに笑っている。

他の人はすごい!

「あの人はスゴイなぁ」
「自分なんてまだまだ」

って思っている人、実は結構いるのかもしれない。

私も、思いっきりその一人。

自分以外の人が輝いて見えるときが、よくある。

確かに、みんな輝いている。
自分が経験したことのないことも沢山経験してきただろうし、自分にはできないことが沢山できたりもする。

冷静に考えれば、当たり前のことなんだけどね。
その人の人生を生きることなんて、できないんだから。

「すごいなぁ」と思うのは、きっと大丈夫。
問題なのは「自分なんて」の方だ。

自分なんて……?

自分の未熟さを悲観してしまうのは、あまり良くない。

「自分なんて」と口にするたび、耳から聞こえてきて、脳で認識してしまう。
繰り返していくと、自己肯定感がどんどん失われて、自信を失う。
自信を失えば、できることもできなくなってしまう。

朝早く起きれる人だって、早く走れる人だって、会社に勤めることができる人だって、逆上がりできる人だって、九九が言える人だって、みんな、私にはない能力を持っている人だ。

九九は忘れた。

尊敬はするけれど、自分を卑下したりはしない。
これでいいんだ。

「あの人はすごい」と「自分なんて」は、イコールでは結べない。
いや、結ばない。

自分にもできることと、自分にしかできないことがあるから。

慢心と自信は違う

ぶっちゃけ、今回「羨ましい」って言ってもらえて、「もしかしたら、ちょっとはすごいのかも」と思った。
(単純)

慢心するのは良くない。
けれど、自分を卑下するのは、もっと良くないことだ。

冷静に、自分の立ち位置を客観視する必要がある。
これがなかなか難しいんだけどね。

いい流れの時こそ「酔わず、驕らず、浮かれず」

林修

謙虚にして驕らず

稲森和夫

自分の認め方

訊いてみる

客観的に自分を分析することは難易度が高めだけれど、褒めてくれた人に「どこが羨ましいか」を教えてもらうことはできそう。
その人との関係性にもよるけどね。

気軽に尋ねることのできる相手なら、「客観視したいから協力して!」と、思い切ってインタビューしてみてもいいかもしれない。

書いてみる

自分にできることを紙に書いて数えてみると、頭の整理にもなっていい。

自分を褒めてくれる人から教えてもらった「意外な自分の良いところ」も書き添えると、もっと精度が上がりそうだ。

自分の手で文字を書くのは、非常にいいらしい。
描くことで身体を動かし、見ることで視覚を刺激する。
それを声に出して読めば、耳からも入ってくる。

楽しそうに絵を描くおかっぱミユキ。左手にキャンバスを持って、筆で何かを描いている。

まとめたい

自分のことって、めっちゃ解ってることと、てんで解らないことが極端だ。
そんな時こそ、頭の整理。
頭が整理できれば、不思議と精神的にも落ち着く。

みんなが適度に適切な自信を持てたらいいね。

私も久しぶりに、インタビューして書き出してみるかな。

自分の芝も、青いかもよ?

Follow me!

次の記事

カッコイイの定義