「君のためを思って」は、エゴを隠す言い訳

朝7:00からお庭で読書✨
気持ちいい✨
いい季節になりましたな!

庭で読書を始めようとしている写真。コーヒーカップとトートバッグが白い木製テーブルの上に置いてある

アドラー心理学を勉強中で、今日はこんなことを学びました。

「君のためを思って」や「よかれと思って」は、エゴを隠すための言い訳。
他人の課題は、他人のもの。

夢を追いかけていると、よく言われるのが「そんなの無理だよ」という言葉。

特に家族や親戚などの、身近かつ年上の人物から言われることが多いです。

でも、自分の課題は自分のもの。他人の課題は他人のものなんですよね。

 

Follow me!