【徹底解説】なぜ広瀬香美のカバーを歌うのか!

「スーパースターになりたい」と言っているおかっぱミユキの写真。大きな吹き出しにセリフと名前が入っている。

ワタクシ、スーパースターになりたい。
誰もが知る人気者になりたい。

あ、いきなりすみません。

ワタクシ、おかっぱミユキと申すものです。
スーパースターに憧れるけれども、現在そんなに有名でもない、ごく普通の人間。

▶おかっぱミユキプロフィール

どうやったらスーパースターになれるのか。

今回は、なぜおかっぱミユキが広瀬香美さんの曲をカバーしようと思ったのか、WEBマーケティング目線で徹底解説していきたいと思います。

YouTubeで歌おう!

ワタクシにできること……それは歌をうたうこと。
こう見えて、一度バンドのボーカルとして全国CDデビューしている。
テレビ出演やラジオのパーソナリティー、横浜アリーナやZEPPなどの大きな会場でのライブも経験がある。

まったく売れなかったけど!

YouTubeの「おかっぱミユキチャンネル」に自分のオリジナル曲の動画や、流行りの曲の「歌ってみた動画」もアップしている。
そこに全力をそそげば、もしかしたら、もしかするかもしれない。

歌なら得意なんだぜ!

おかっぱミユキが歌のレコーディングをしている写真。

鉄棒と算数は、てんでダメ。逆にダメすぎて清々しいくらい。

よし!
YouTubeに新しいチャンネルを作って、歌ってみた動画を戦略的にアップしよう!

ターゲット選定!

このあいだ、かしこいYouTuberが言っていた。

「いまYouTubeは40代以上の男性が多く見ています。」

ふむ……ワタクシよりも、ちょっと上の世代ですな。
それなら、その方たちが「懐かしい」とか「面白い」とか「好き」とか思ってくれる動画を作りたい。

その人たちが青春時代を過ごした時期に流行っていた、懐かしの曲を歌うのはどうだろう?

今から20~25年前……つまり1990年代、どんな曲が流行っていたんだろう。

ググってみよう!

オーケー、Google!!
90年代のヒットソングを教えて!

おかっぱミユキが使っていたiPhoneSEの画像。

あ、ワタクシのスマホ、iPhoneでした……。

L⇔R
B.B.クイーンズ
大事MANブラザーズバンド
WANDS
岡本真夜
SPEED
MY LITTLE LOVER
久保田利伸
KAN
THE虎舞竜
glove
CHAGE&ASKA
米米CLUB
ZARD など

ざっと見ただけでも、天才たちの名曲がずらり!

いやぁぁー……当時、小学生だったころの思い出が、脳内で打ち上げ花火のスターマイン状態ですよ。


※イメージ

週に3回カラオケボックスに行っていた時代です。
レーザーディスクとか、懐かしいなぁぁ。

CDのでっかいやつみたいなのがあったんですよ。

当時から大人気だったアーティストの中でも、特に「お!」と思った方がいらっしゃいました!
それが、この方です。

広瀬香美!

アルペンのCMで一躍人気歌手となった天才、広瀬香美。

▶広瀬香美オフィシャルサイト

おかっぱミユキが3分で似顔絵を描くとこんなかんじ。

広瀬香美の似顔絵。おかっぱミユキが3分で描いたもの。

「ロマンスの神様」の頃。似てる?
眉毛が吊り上がっている人と言ったら、広瀬香美さんかつんく♂さんか上沼恵美子さんの3択ですよね。

甘酸っぱい恋を表現した、「SPORTS Alpen」のCMを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

個人的には坂下千里子さんが出演されているやつが好きです。マジでかわいい。

スキー場を訪れた際、ゲレンデのリフトやレストランでは、いつも彼女の歌が流れていました。

「冬の女王」と呼ばれるだけあって、広瀬香美さんは「冬のヒットソング」がいっぱい!

おかっぱミユキも、小学生当時から、カラオケで広瀬香美さんの曲を歌っていました。
成人してからも、同世代や少し上の年齢の仲間とのカラオケ会の際には、彼女の歌をうたうと人気者になれたものです(新型コロナウイルスの影響で、カラオケ自体に行かなくなってしまいましたが……)。

最近はYouTuber?

前夫、大沢たかおさんとご離婚されたのち、めでたく再婚されたと噂の広瀬香美さん、最近は、「歌ってみた動画」をYouTubeにアップされていて、ピアノの裏拳奏法や、ハチャメチャな歌いっぷりが、お茶の間の話題になっていますよね。
私の友人たちも「見た?」「見た!」と噂していました。
更には、若い世代にも人気が出てきているようで、世代を超えて愛されている大御所アーティストと言えるでしょう。

▶広瀬香美YouTubeチャンネル

いくつかニュース記事も見つけましたよ!

▶「歌ってみた」で話題騒然。"冬の女王"待望のニューアルバムが豪華内容でリリース決定!

▶広瀬香美が「生配信ライブで、歌ってみた」実施決定!視聴者リクエストにリアルタイムで応える!

更には、2021年1月27日に「歌ってみた」のCDまでリリースされるんですね!

▶話題の広瀬香美「歌ってみた」カバー曲の数々がアルバム化 「歌われてみた」も

▶広瀬香美の“歌われてみた”アルバムに鬼龍院翔、百田夏菜子、眉村ちあき、chay、HAN-KUN参加

彼女の歌をうたうメリット

やみくもに「歌ってみた動画」を作ったってしょうがない。
「歌ってみた動画」作るのも結構大変なんだぜ。

私の場合、1本の動画を作るにあたって……

①曲の選定&エンジニアとWEB打ち合わせ
②歌詞の準備&歌の練習
③録音機材、撮影機材のセッティング
④録音しながら撮影
⑤録音データ、録画データの整理
⑥編集クリエイターへ転送
⑦完成データをYouTubeへアップロード
⑧ブログ記事作成
⑨ブログ記事をSNSでシェア
⑩アナリティクスの分析とリライト

……という作業を行っていて、まぁまぁ時間と手間がかかる。

そこで、広瀬香美さんの歌をうたうことで、どのようなメリットがあるのか、なるべく細かく挙げてみて、自分の頭を整理したいと思う。

メリット①:歌うのが難しい

広瀬香美さんの曲は、歌のパートの音域が広い上に、メロディーやリズムが複雑だ。

それがたまらなくカッコよくて、聴いていると、自然と体が動いてしまうのだけれども、一般の方が歌いこなすのは、少々難易度が高いと思われる。

ドMなワタクシにとっては、ご褒美のような曲ばかりだが、「難しい」「歌いにくい」と、カバーするのを諦める方も少なくないと思われる。

すなわち、ライバルの出現率が、他のアーティストに比べて低い可能性が高い。
低いのか高いのか。

メリット②:現状ライバルが少ない

「広瀬香美 歌ってみた」で検索してみると、彼女の歌をちゃんとコピーしている人はほぼいない。

モノマネのセンスが素晴らしい「ミラクルひかる」さんなど、有名人とのコラボ動画がちょっと上がってくるが、一般人の「歌ってみた動画」は、他のアーティストに比べて少ない印象だ。

ないわけではない。

ご本人が「歌ってみた」をやっているから、その他のアカウントの動画が淘汰されている可能性も考えたのだが、「広瀬香美 (曲名)」や「広瀬香美 歌ってみた (曲名)」で検索すると、ほとんどの場合が、素人さんがカラオケボックスで歌ったのをそのまま録画しているような、JASRACに怒られそうな動画

▶動画投稿(共有)サービスでの音楽利用(JASRACサイト)

つまり、ライバルが少ないということだ。

メリット③:カラオケ音源が少ない

広瀬香美さんの曲の「歌ってみた動画」を作ろうと思うと、必ずぶつかるのが、カラオケ問題。

自分でビアノやギターなどの楽器を演奏できるのなら、弾き語りするのが手っ取り早い。

カラオケボックスなどで、カラオケ会社が作った音源と共に歌った動画は、カラオケの機能やサービス(JOYSOUNDのうたスキ動画など)の中での利用するなら合法だが、YouTubeにアップロードするのは違法だ。

なので、「個人で作ったカラオケ音源をYouTubeにアップロードして『使っていいですよ』と表明している人」のデータを使わせてもらうのが、「歌ってみた」界隈では一般的なのだが、広瀬香美さんの曲に関しては、そういったカラオケ音源が少ない。

つまり、弾き語りができないのならば、カラオケを作らなければならないというわけだ。

すると、更にライバルは少なくなるだろう。

▶歌ってみたの著作権問題について解説!安全に動画を投稿する方法とは? 2020年12月

ん?ワタクシ?そこには投資しますよ。

メリット④:専門チャンネルがない

Google、YouTubeともに検索してみたけれど、広瀬香美さんの曲だけを専門的にカバーしているチャンネルは、ない。

「少ない」んじゃない、「ない」んだ。

おかっぱミユキが両手を広げて気持ちよさそうに伸びをしている様子。背景にはグアムの青い海が広がっている。

うわぁぁぁ♪
真っ青で綺麗な海ね♥

そう、ブルーオーシャンなのだ。

メリット⑤:キーワードが強い

ワタクシのWEBマーケティングの師匠、いでじん氏と一緒に、「広瀬香美」及び、その関連キーワードが、どのくらいの頻度で検索されているか、関連キーワードツール「ラッコキーワード」と「Googleキーワードプランナー」を使って調査してみた。

なんと、月に200万回以上も検索されている。
YouTubeだけでも月に100万回以上の検索回数をたたき出している。

スーパースターやんか!

その関連動画として、検索上位に食い込みに行きたいところである。

▶WEBマーケティングスペシャリスト「いでじん」氏のサイト

おかっぱミユキが10秒で描いた、WEBマーケティングスペシャリストの「いでじん」氏の似顔絵。
↑おかっぱミユキが10秒で描いた、WEBマーケティングスペシャリストの「いでじん」氏の似顔絵。

メリット⑥:めっちゃいい曲

「歌うのが難しい」の項でも少し触れたが、声域が広く、メロディーやリズムがちょっと複雑な広瀬香美さんの曲は、ドМなおかっぱミユキにとって、ご褒美だ。

程よい難しさは、チャレンジ精神を刺激する。

それに歌詞も面白い。分析しがいのある歌詞だ。

つまらないことを我慢して継続する忍耐力が、他の人に比べて、著しく乏しいおかっぱミユキ。
広瀬香美さんの曲ならば、楽しみながら歌い続けられそうだ。

それにヒット曲もたくさんある。
CMにも起用されていた「ロマンスの神様」「ゲレンデがとけるほど恋したい」「ストロボ」「DEAR . . . again」「promise」あたりの認知度は、ターゲットである40代男性なら高いだろう。
クリスマス時期やウィンタースポーツのシーズンは、特に盛り上がりそうだ。

広瀬香美さんのCDアルバムは、BEST版やサウンドドラックを除くと、現在16枚。
昔の曲から順にカバーしていっても、しばらくは楽しめそうな曲の量だ。

そろそろまとめたい

ここまでつらつらと理由を書き連ねてきたが、簡潔に言うと、つまりやりたいってことだ。

まずは「広瀬香美の曲をカバーさせたら、おかっぱミユキの右に出るものはいない」と言われるくらいになりたい。

早速YouTubeチャンネルを開設したいと思う。
チャンネル名は何がいいだろう。

「広瀬香美アンオフィシャルカバーチャンネル」かな?笑

怒られそうだ。

Follow me!