「最悪!」と思ったときの対処法

「あー!もー!最悪!」ってことも、後から考えたら大したことないパターンが多い。
なんでそんなに悲観的になるかというと、「気分が害されたから」なんだろうなー。

予想外の何かが起こって、予定が狂ったり、物が壊れたり、トラブルになったり。
それによって、自分の機嫌が悪くなるから、「最悪だ!」と思うんだろうなー。

予定が狂っても、物が壊れても、トラブルになっても、「あの人ひどい!」「私かわいそう!」って思っているうちは、どんどん機嫌も悪くなるし、何も解決しない。
得することは、何もないのよね。

機嫌は、なるべく早く直したほうがいい。
「散歩する」「ケーキを食べる」みたいに、機嫌が良くなる事リストを作っておくといいのかも。

その後に考えるといいのが、「じゃあどうするか」。
現状を踏まえて、自分の能力で可能な最良の選択をする。

そうすると、トラブルがリカバリに、リカバリがチャレンジに変身する。
よくよく考えてみると、困り事があるから、新しいアイデアや便利なものが生まれたりするのよね。

流れ的にはこんな感じかな。

①機嫌を直す
②不機嫌の目的を見出す(←これについで話すね)
③対応策を考える
④実行する

こう考えると「機嫌」って、我々の人生の肝なんだなーと思い知らされる。
どういう生き方をするかは、「機嫌」に左右されている。

さて、私はどんな機嫌で生きて、どんな人生にしようかなー♪

Follow me!

前の記事

不機嫌は「甘え」