【マジかよ】広瀬香美さんのYouTubeには仕掛け人がいた!

面白い記事を発見したぞー!!

広瀬香美さんの「歌ってみた動画」には「仕掛け人」がいたのかー!!
しかもイケメン!!

しかも、YouTubeやり始めは、再生数が伸びずに苦労していたんだとか。

この記事を読み解きながら、「広瀬香美アンオフィシャルカバーチャンネル」の活路を見出していこうと思う!

おかっぱミユキのブログのアイキャッチ画像。チェック柄の服を着たおかっぱミユキの上に、「必殺仕事人」という文字が入っている。

ヒットの秘訣① 柔軟な対応

2019年12月に、広瀬香美さんのYouTubeアカウントをリニューアルスタートしてから、2020年3月11日に、初めての「歌ってみた動画」で米津玄師さんの「Lemon」の動画を公開して、バズらせるまで、約4か月間。

この記事を読む限り、広瀬香美さんとそのスタッフさんも、結構苦労したんだそうだ。

そのころYouTubeにアップしていた、ミュージックレッスン動画なんかは、ワタクシのような「歌う人」とか、「音楽に興味ある人」とか、ファンには、充分に刺さったんだろうけど。
なんせ、広瀬香美さん、ミリオンアーティストですからね。
ファンの母数も大きい。

ワタクシなら、小躍りしそうな再生回数だけどね。

でも、思ったように数字が伸びなかったらしい。
確かに、一般人にとってはつまらないかも。

そんな中、広瀬香美さんの動画配信ライブでちょっぴり歌った、米津玄師さんの「Lemon」への視聴者の反応が、めっちゃめちゃ良かったことに目を付けて方向転換。

そうやってニーズを発見して、柔軟に対応できるのは、とても素晴らしい。
いいなーいいなー。私もバズりたいなー。

ヒットの秘訣② ファンとのコミュニケーション

広瀬香美さんと言えば、日本でのTwitterのパイオニア。

コラボ動画の制作をオファーしたり、次回の「歌ってみた動画」の選曲アンケートをとったりと、ファンとのコミュニケーションが非常に上手い。

こんなん、ファンからしたら「人生のご褒美」やーん!
いいなーいいなー。

すると、次回の動画への期待も高まりますよねー。
いわゆる「巻き込み」ですな。
頭いいなぁ。

ヒットの秘訣③ どえらいパフォーマンス

そんなんやったら先生におこられるでー!!ってことを平気でやっている動画がいっぱい。

脚でピアノ弾いたりとか、鍵盤にチョップしたりとか、iPadぶっ壊したりとか。
一般人でも楽しめる、わかりやすくて面白い、どえらいパフォーマンスだ。

えらいこっちゃやで。

それが噂となってSNSを駆け巡り、さらに再生数を稼ぎ、ファンを獲得していく……。
素晴らしいサイクルが出来上がっている。

ヒットの秘訣④ 専門的知識と作品への敬意

プロのミュージシャンが見ても面白い。
それが広瀬香美さんの「歌ってみた動画」の特徴だ。

歌ってみた楽曲に対しての分析も、非常に面白いし、とても参考になる。
さすが天才。

ミリオンアーティストなのにも関わらず、偉そうにせず、新人アーティストにも敬意をはらっていて、見ていてとても好感が持てる。

その楽曲を作ったアーティストのファンも、広瀬香美さんのファンになるんだろうな。

まとめるよ

今回、偶然発見した記事を読んで、とてもラッキーだった。

改めて、広瀬香美さんの動画を分析できたと共に、自分の動画にも活かせそうなポイントを、いくつも発見できた。
「広瀬香美アンオフィシャルカバーチャンネル」も、ニーズに対して常にアンテナを張って、柔軟に対応していきたいと思う。

こう見えて、超真剣にやってますからね!笑

こっちの記事も気になるので、次回のブログのネタにしたいと思います。

広瀬香美はその瞬間、誰よりも『紅蓮華』が好きだからピアノにチョップした Twitter女王が“歌ってみた動画”でも愛される理由

Follow me!