「あの人のために」の正体

6:00起床☀️
庭カフェオレ☕️
気持ちいい気温✨

白いガーデンテーブルに本とカフェオレが置いてある写真。その奥には新緑が生い茂っている。

相手を思いやる気持ちって、とっても素敵。
心遣いがとっても嬉しいと思うの。

でも、「あの人のために」って、ちょっと危険なときがある。
「コレはあの人のためになる」と判断して、発言したり行動するのって、あくまでも「自分」だもん。
「あの人」がそう決めたわけじゃないし、「あの人」が求めてきたわけじゃない場合がほとんど。

自分がやりたいから、やるのよね。

それをちゃんとわかっていないと、とんでもないことになったりする。

「良くしてやったのに」とか「もっと感謝してくれてもいいのに」とか思うのは、
「あの人のため」じゃなくて「自分のため」に動いた証拠。

本当に相手のことを思うなら、相手がどう受け取っても、どんな反応をしても、それを尊重できるもの。

相手のためを思う前に、しっかり自分と向き合いたいね。

Follow me!

前の記事

無理しない

次の記事

周りを幸せにする生き方